キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 AIUの建設工事保険のメリット : はじめてのAIU 建設工事保険大紹介

AIUの建設工事保険のメリット

AIUの建設工事保険の契約を締結するための準備と、保険請求の手順、資材の損害も補償されるのはうれしい

はじめてのAIU 建設工事保険大紹介メイン画像

AIUの建設工事保険のメリット

建設資材の損害をカバーするためのAIUの建設工事保険は、ビル、工場、住宅といった建物を建築工事する際に、資材に損害が出るリスクを軽減してくれます。

建築といっても増改築、内外装、電気設備や冷暖房の工事、給排水、ガス設備などの工事における、資材の破損や損壊などに備えて、保険契約を行います。

契約の際には、工事名、工事現場の所在地、発注者、請負金額、支給材料の有無、金額、工事期間などの詳細は正確に記入する必要があります。

共済なども含め、同じ保険契約と重ねて損害を補償する契約が他にあるかどうかなども前もって告知義務があります。

AIUの建設工事保険では、直近会計年度の完成工事高が出ない場合は、契約をすることができません。

新規で立ち上げたばかりの事業主や決算期を変更したばかりというケースでは、保険の申込みができないケースがあります。

保険金額が30億以上の場合も契約ができません。

契約後は保険証券をきちんと管理し、施行者の変更や工事の追加、変更、中断、再開、放棄、設計や仕様、施工方法の大幅な変更などがある場合には、届出を行う義務が生じます。

保険料金は全額を一括で支払う一時払と分割で支払う方法があります。

複数の保険会社が共同保険契約を締結する場合、幹事保険会社が他の引き受け保険会社の代行をおこないます。

事故が起こったらすぐに取扱い代理店かAIUに連絡します。

損害が拡大しないように、素早い対応が求められます。

損害賠償責任を補償するケースでは、最初にAIUへ連絡して承認されてから、被害者へ連絡することになります。

↓気になるワードはこちらから検索↓

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索