キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 AIUで建設工事保険でカバーされないケース : はじめてのAIU 建設工事保険大紹介

AIUで建設工事保険でカバーされないケース

建設工事保険はオールリスクタイプの商品なので、各社が競って独自性を出しています、AIUでカバーされるケースされないケースをあらかじめ把握しておきましょう

はじめてのAIU 建設工事保険大紹介メイン画像

AIUで建設工事保険でカバーされないケース

建設工事保険は、オールリスクと呼ばれる保険商品になります。

オールリスクタイプの保険商品の特徴は、保険会社がそれぞれ独自で保険商品を開発しているということにあります。

そのため、一般的な保険商品がカバーしないリスクに関してもカバーしている一方で、選択肢があまり選べなかったりするものもあります。

AIUで建設工事保険に加入すると、工事に伴う危険による損害とその他の損害によって生じたケースに関して保険対象になります。

詳細に関しては、一度AIUの公式サイトで確認をしておくことが大切です。

【関連リンク:建設工事保険 補償内容 | AIU保険会社

たとえば、鉄骨のサビ、コンクリートのひび割れ、湧水を止水したり排水する費用などは保険ではカバーされません。

カバーされる保険金額も同様に、損害の内容や規模などに大きく左右されます。

建設工事保険がオールリスクであることは、契約を行う前に良く理解しておきたいところです。

個別の案件については、工事の総費用や特に保険をかけておきたいポイントなども含めて、代理店に直接話しをするのもいいでしょう。

会社によってカバーできる内容も変わってきますし、コストも当然変わってくるのが建設工事保険の性質です。

基本的に工事現場責任者が故意に重大な過失などを起こした場合はカバーされないし、戦争や武装反乱などの暴動で損害が生じてもカバーはされません。

他にはコンピュータネットワークの不具合、データやソフトウエアの破壊、改ざんなどが原因で損害があっても、カバーされないなどがあります。

↓気になるワードはこちらから検索↓

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索