キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 従業員や下請けもカバーするAIUの建設工事保険 : はじめてのAIU 建設工事保険大紹介

従業員や下請けもカバーするAIUの建設工事保険

現場が大きくなり、作業する人数が増えてくると、規模に見合ったリスク管理が必須になる、AIUの建設工事保険で用途にあった保険商品選びを

はじめてのAIU 建設工事保険大紹介メイン画像

従業員や下請けもカバーするAIUの建設工事保険

AIUの建設工事保険は、下請けに仕事を依頼しはじめた企業にも人気です。

受け持つ現場が増えてくると、それだけ下請けに依頼をすることも増えます。

自社だけでもリスク管理は大変ですが、下請けに依頼するとさらに現場には人が増えますから、事故のリスクも高くなると考えるのが自然です。

今までのように自分が現場に詰めて作業の管理をするというわけにもいかなくなるので、ある程度は現場の責任者に任せることになります。

経営者としては、トラブルや事故でケガや損失が起こった時のことを考え、先回りで保険商品を探すことになります。

せっかく軌道に乗っていた会社も、一度の事故で大変な損害を被ることがあります。

そのリスクを考え、取り返しのつかないような大きなリスクを抱えないようにするのも、事業主としての大切な仕事のひとつです。

下請けの作業者が怪我をした場合、物損があった場合にやり直すための費用などは、気になる部分です。

具体的には、保険料金がいくらくらいになるのかというのも、よく聞かれる質問のひとつです。

AIUの建設工事保険には、ハイパー任意労災、事業総合賠償責任保険STARsといった商品があり、それぞれ、従業員や下請けの作業者の怪我や、建設現場の人身、物損事故に特化した保険商品になっています。

現場が大きくなるほどリスクも大きくなるもの。

無事に作業を終えるためにも、いざという時の保険は加入しておいた方が安心感が違ってきます。

代理店などに連絡をとって、それぞれの商品の詳細を説明してもらいながら、疑問点をクリアにしていきましょう。

↓気になるワードはこちらから検索↓

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索