キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 AIUの建設工事保険への乗り換え : はじめてのAIU 建設工事保険大紹介

AIUの建設工事保険への乗り換え

建設工事保険は1年更新タイプが一般的、最初に保険契約をした時から時間がたっているなら、AIUなどで一度見直しの相談を

はじめてのAIU 建設工事保険大紹介メイン画像

AIUの建設工事保険への乗り換え

建設工事保険は、一般的には1年契約になっていて、期限が来たらそのまま更新してしまうということも少なくありません。

現場から現場へ、忙しい毎日を送っていると、なかなか重い腰をあげて、保険内容の再確認をする時間もとれないという事業主の方も少なくないでしょう。

更新する際には、かけている建設工事保険の内容が、現在の事業内容にそぐわないものになっていないか、確認していく必要があります。

現場の規模、工事内容、かかわる作業員の数などを考えれば、保険料とカバーされる補償金額のバランスや、カバーされているだろうと思い込んでいるけれど、実際にはカバーされずに補償金が支払われないケースだったという思い違いなどがないように、確認しておきたいところです。

最初に保険に入った時の担当工事の内容や規模と、現在手掛けている現場との差があるならば、やはり保険内容を見直す必要があるのです。

保険に限らず、前年通りにそのまま更新しつづけているというサービスは、大概古くなっていたり、コストがかかりすぎていたりしても、引き落としされてしまうと感覚的に慣れてしまい、その詳細まで見直すことができにくいものです。

AIUの場合では、多くのケースで自社が加入している建設工事保険の詳細が良くわからないから、現在の現場規模などに照らし合わせて説明をしてほしいという相談をよく受けます。

AIUでは、積極的に質問に答え、より最適な補償内容をもつ商品を紹介してくれます。

補償内容を確認したり、比較検討することなくだらだらと保険料金を支払うことのないよう、一度内容を確認することはとても大切です。

↓気になるワードはこちらから検索↓

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索